肘の痛み(テニス肘)の治療

hijiimg_3775 

テニス肘は一般的には上腕骨外側上顆炎と呼ばれ肘の外側が痛くなる疾患で、主にテニスにおけるバックハンドで打った際に痛める事が多くついた名前です。テニス肘と呼ばれていますがテニスを全くしない人でも発症し、肘関節の外側の部分に負担がかかり炎症を起こした状態です。

 

肘の痛み・テニス肘の原因と症状

bnr08

 

テニスをしたり日常生活での手首を使うなどの動作の繰り返しで肘から指にかけての筋肉が疲労してきます。この疲労が溜まってくると肘の外側にある筋肉の付け根の部分が炎症を起こしてきます。

 

炎症が起きるとテニス時の痛みはもちろんですが、タオルを絞ったりペットボトルのキャップを開けたりビールのジョッキを持ったりなどの手首を動かす時などに肘に痛みが出ます。

 

予防法・治療法

 

まずは繰り返し行われている動作を少なくしたり控えたりすることです。といってもスポーツや仕事や家事などの日常生活で酷使している人はなかなかできません。

 

そこで以下が必要になってきます。

 

①    肘周辺のストレッチ

②    肘周辺のマッサージ

③    肘周辺の筋トレ

 

 

もしテニス肘になってしまった場合も①②③を行うと治りが早くなります。

 

当院では医療機器や鍼治療をしテニス肘の早期回復を得意としております。肘の痛みでお困りの方は一度ご相談ください。

施術の流れ

まずはお気軽にお問い合わせください

まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするといしはら整骨院のスタッフが電話にでますので
『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、
簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。
これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

お問い合わせ WEB予約
お問い合わせ WEB予約