いしはら整骨院いしはら整骨院

動的ストレッチと静的ストレッチはどっちがいいか

みなさんこんにちは!
本日も当院のHP・ブログを見て頂きありがとうございます。
院長の石原です。

 

前回ブログで紹介した動的ストレッチと静的ストレッチはどっちがいいのかという事を今回はお伝えしていこうと思います。

 

どっちをやればいいかと言うと生活や運動のタイミングのよって違ってきます。

 

スポーツを始める時や仕事を始める時などは動的ストレッチ。

 

逆にスポーツが終わった時や一息つく時は静的ストレッチ。

 

これ、逆をしてしまうと筋肉や関節の出力(パフォーマンス)が悪くなります。

 

まずこれから動こうという時に静的ストレッチをすると、筋肉や関節が緩くなった状態になるし、副交感神経が優位になるので単純に最大筋出力が低下します。

例えばいつもは10の力が出るのに9までしか出ないような状態になります。

そんな状態でスポーツをするとケガの原因になったり技術の向上の効率が悪くなったりします。

 

動的ストレッチは筋肉や関節を刺激し温める効果があり、交感神経が優位になります。

そして『これから身体を動かすぞ』という命令が脳から出ます。

ラジオ体操などがこれに当たります。

 

なのでスポーツや生活のタイミングで間違ったストレッチをすると身体に良いどころか逆に悪い影響が出たりすることがあります。

 

あとストレッチの強度ですが、昔あった監督やコーチや先輩が後ろから思いっきりおす。

『限界までやらないと効果がない』

といのは全く嘘です。

1番効率のいい強度は本人が8~9割伸びているくらいになります

これも10割まで精いっぱいしてしまうとケガの元になります。

実際に僕もそれで膝の靭帯が部分断裂しました。

 

皆様、くれぐれも間違ったストレッチをしないようにして下さい。

 

こんな時はどうすればいいの?

という時は是非ご相談下さい。

ストレッチの種類について

みなさんこんにちは!
本日も当院のHP・ブログを見て頂きありがとうございます。
院長の石原です。

 

前回はストレッチの役割についてお伝えさせて頂きましたが、

 

今回はストレッチの種類についてお伝えさせて頂きます。

 

①動的ストレッチ(バリスティックストレッチ、ダイナミックストレッチ)

バリスティックストレッチは自動的でも他動的でも行えますが、基本的に自分の身体の伸びてる・伸びていないは本人が一番知っているので他動的に行うよりは自動的に行う方が安全性は高いです。
ただ、伸張刺激には気をつけて行わないと損傷に繋がる可能性も高いので気をつけないといけません。
ラジオ体操などがこれに該当します。
ダイナミックストレッチングも反動を利用しますが、これはこれから行う運動・スポーツなどの動きに合わせた動きを反動をつけて行うようなストレッチ方法で運動生理学を利用します。例としてハムストリングスをストレッチする場合、大腿四頭筋を収縮すると、ハムストリングスが弛緩するという相反性抑制作用を利用します。
ストレッチというよりも、反復運動を繰り返すためウォーミングアップに適しています。

 

②静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

反動を利用せずにゆっくりと筋肉を伸張して、約10~30秒間ほど持続します。
伸張は少し伸ばされた感じがあれば、そこで停止することです。

ベストは自分の感覚で80%くらい伸びてる感じです。
伸びて痛いというところまで伸張すると伸張反射によって逆に緊張度が増してしまう可能性があるためです。
下半身は約30秒間、上半身は約15秒間程の継続時間を目安とします。

 

 

 

ざっくり分けると2つになりますが①の動的ストレッチにしてもバリティックストレッチとダイナミックストレッチは少しやり方が違ってきます。

 

次回はそれぞれのメリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

高校野球トレーナー

みなさんこんにちは!
本日も当院のHP・ブログを見て頂きありがとうございます。
院長の石原です。

 

7月16日・17日・23日・27日と高校野球の球場トレーナーに行ってきました。

 

内容としては選手の試合前・試合中・試合後のコンディショニングやケア、急なアクシデントの対応、熱中症の手当て、また観客や審判員も対象でした。

 

今回僕は4日間の球場滞在で選手10人、審判員2人の合計12人の処置をしました。

 

特に多かったのは試合中にフラフラしたり足がつったりという熱中症が多かったです。

その他試合後のマッサージやストレッチなどもありました。

 

試合中のアクシデントとしては決勝戦で初回にランナーとキャッチャーが交錯し、2人も倒れました。

 

ランナーの選手は一瞬意識は失ったものの、その後のチェックでも問題なくプレイ続行でしたが、キャッチャーの選手は脳震盪と足を負傷しタンカで運びそのままプレイ続行不能と判断し交代しました。

 

特にキャッチャーのクロスプレーはケガの発生率が高いです。

 

試合後に病院で精密検査を受けてもらいましたが、特に異常なしとのことでした。

 

今回はたまたま異常なしでしたが、その後の野球人生だけでなく日常生活を含めた人生を左右するケガも起こる可能性があります。

 

もし試合や練習で少しでもおかしいと思ったらすぐに専門機関を受診するように心がけて下さい。

もう気合いや根性で痛いのを我慢する時代ではありません。

 

その他何かお困り事があればお気軽にご相談下さい。

トレーナー活動報告

みなさんこんにちは!

本日も当院のHP・ブログを見て頂きありがとうございます。
院長の石原です。

 

7/9に少年野球の野球肘検診に行ってきました。

 

少年野球の野球肘検診は少年期における多いケガであるOCD(離断性骨軟骨炎)の早期発見を1番の目的として、その他に靭帯や骨のチェックや痛い所があればその部位を診るということをしました。

僕は毎年理学療法士の方とペア組んでいましたが、今年は医師の先生のもとで

エコー(超音波)検査をしました。

 

実際ボールを投げて痛みが全くなかったり、徒手検査で異常がなかってもエコー検査で異常が見つかることもしばしばあります。

 

そんな時はこれからの練習量や投げるペースなども監督さんに直接伝える事ができるので、野球肘検診をやっていて本当に良かったと実感します。

 

我々トレーナーとしての役割の1番は

 

ケガを未然に防ぐ

 

だと思っています。

 

これができることにより手術をしなくてすんだり、野球を諦めなくてもいい選手が増えてきます。

実際僕も野球肩でボールが投げれなくなってレギュラーを外された事がありました。

ものすごく悔しかったです。

 

そんな悔しい思いや、痛みの為に野球を諦める子が1人でも少なくなるようにこれからも検診を続けて行こうと思います。

 

何かお困りごとがあればお気軽にご相談下さい。